人格第一、技術これに次ぐ

鎌倉早見美容芸術専門学校 校長 大田裕多佳

これは、学園創設者の遠藤千之先生の言葉で、早見の建学の精神の柱となっております。

これが、「美容師から美容家へ」という美容学科の標語になります。

「理論的背景を持つ正確な技術」の習得こそが、より高い技術者としてはもちろん、発想豊かな美容科として成長していく礎になると信じております。

早見では、人間的成長を促すことを教育の本質と考え、
一方で「市場価値の高い人材の育成」を目標に、学生諸君の夢を実現できるように取り組んでいます。

自由な発想の中から様々な表現ができるようになることを願い、
カリキュラムの編成やシラバスの充実に努めています。

鎌倉早見美容芸術専門学校 校長 大田裕多佳

page top