人格第一、技術これに次ぐ

人格第一、技術これに次ぐ 書

この建学の精神の柱は、学園創設者遠藤千之先生の美容教育への熱い思いです。

美しさを引き出し、人を美で装う「美容」は、まさしく人とのふれあいの日々です。人と接することからはじまるこの仕事は、みずからのありかたがそのまま映し出されます。

人としてあるべき姿を見つめ育てること、その上でなされる「技」であること。技術を磨くだけではない、人としての成長を促す学びの場となるよう指導をしています。

向上心が強く、人に優しい という早見を巣立った卒業生への評価は、まさに、早見の思いを受け継ぐ姿のあらわれです。

美容家の育成

早見では「美容はアートである」と位置付け、美容を単に技術のみにとらえるのではなく「美容師」にとどまらない「美容家」の育成に励んでまいりました。

真の「美容家」とは、メイクやファッションまでを含めた、トータルで美しさを提案できる力を持つこと。 その美の追求のために、造形やトータルファッションに及ぶ多彩豊富なカリキュラムを用意し、きめ細やかな指導を心がけています。

page top