鎌倉の絵画教室で日本画、クロッキー、デッサン、油絵、水彩、混合技法、テンペラ画、素描、黄金背景テンペラ画を学ぶ|早見芸術学園

JR鎌倉駅東口 徒歩1分 神奈川県鎌倉市小町1-2-16

TEL 0800-222-0883

作品一覧

受講生作品

発表者:仲田 勇
第40号「模写」 エドワード・ヒックス【ヒックス5才の時のエドワード・トワイニング邸】

カンバス・油彩 660×750mm(オリジナルサイズ)

絵を習い始めて2年半、その間、先生から出される課題にただ夢中で付いて行こうと、デッサンから下絵・本画まで挑戦して来ました。今回の作品が油絵としては8作目になります。
先生から次の課題としてこの「ヒックスの模写」を提案して頂いた時には、正直こんな難しい大変な絵を完成出来るものかどうか、全く自信のないままのスタートでした。
先ず紙に鉛筆で原寸大の下絵を作りました。紙を全体に紅茶で着色し、明部を白のパステルで描いています。完成した下絵からトレースしてカンバスに転写し、墨入れの後、YOでインプリマツーラし、暗部は、YO+黒、明部は白+YOで描き起こし「下描き」としています。
彩色は空から始め、遠景の木・家の周りの木・左右の家・畑・地面の順で行いました。特に表面には見えない下地の色が難しかった。
さらに、点在する人・牛・羊・馬などを描き入れています。全体のバランスをとるための色調整と細部の描き込みを何度も重ね、最後に輪郭を暗色で強調しました。
実に完成まで6ヶ月の期間を要しましたが、完成した作品を見て、正直自分ではまさかここまで来れるとは思いませんでした。 本当に今は良く出来た!という高い満足感があり、この一作は、私の絵画人生にとって忘れられない作品になるような気がします。
今回勉強になったことは、①本物の絵画はデッサンが実に綺麗なこと②基本に忠実なこと③木目細かいところまで絶対に手を抜かないこと④制作手順がしっかりしていることなど、実にたくさんありました。     (指導;十二芳明)

スマートフォンサイトへ