鎌倉の絵画教室で日本画、クロッキー、デッサン、油絵、水彩、混合技法、テンペラ画、素描、黄金背景テンペラ画を学ぶ|早見芸術学園

JR鎌倉駅東口 徒歩1分 神奈川県鎌倉市小町1-2-16

TEL 0800-222-0883

作品一覧

受講生作品

発表者:野口由美子
第30号「創作」 『見慣れた風景』

紙・ガッシュ絵の具

8月中にスケッチをし、下絵を描いて9月のクラスに持参しました。
パネルに白色の画用紙を水張りし、下図を描きガッシュで仕上げました。
1.遠くのものから順に手前へ
2.濃い色の上に薄い色を重ねていき、
3.面的に一つ一つ塗り上げていく基本を守りました。
まず、青い空を塗り、その上に雲を乗せました。デッサンした頃の真夏の空から、初秋の風が吹く空になっていたので、ひと工夫しました。描き上げて絵の具の乾いた空を水を含ませた幅の広い筆で掃いてみたら、雲が風に流れているようになりました。次に、光を反射している複雑な色の木々の葉は、スカンブリングではなく、絵の具をある程度拭き取った筆の穂先を立てて、叩くようにして、細かい点状に色を付けて表現しました。あとは、遠くの家から手前のサボテンまで1つずつ、パズルをはめ込むように塗り上げました。
白の画用紙に描く事でとても明るい絵になったのだと思います。
(指導・十二芳明)

スマートフォンサイトへ