鎌倉の絵画教室で日本画、クロッキー、デッサン、油絵、水彩、混合技法、テンペラ画、素描、黄金背景テンペラ画を学ぶ|早見芸術学園

JR鎌倉駅東口 徒歩1分 神奈川県鎌倉市小町1-2-16

TEL 0800-222-0883

作品一覧

受講生作品

発表者:勝田苑子
第18号「創作」 『秋桜』

麻布に白亜地、ガッシュ 334x190mm

2003年の夏休みの課題は「朝顔の水彩画」でした。他者にからみついて咲く朝顔に魅力を感じないので、替わりにコスモスを選びました。
ガッシュで描く作品第一号は、キャンバス作りからスタートです。イエロー・オーカーで下塗りし、背景の空を完成させてから主たるモチーフの花を描き、次に周辺の葉などディテールへと進めてゆく手順です。空は、後から塗り直すことは出来ないと覚悟して丁寧に仕上げました。花を描く段階でスカンブリングを習いました。背景のブルーが少し透けて見えるような花びらは、水を少なくして絵の具を掠らせるようにしました。自分で工夫した部分としては、花を一度に全部描くと皆同じように見えると思い、一日に2つか3つと決めました。そうすると、その日の天気や気分で絵の具の混ぜ具合が微妙に異なり、単純な花の連続が若干変化したように感じられます。
好きな花を気持ちよく描くことが出来たので、手作りキャンバスに不透明水彩を用いるこの手法を今後も続けてゆきます。
(指導・十二芳明)

スマートフォンサイトへ