鎌倉の絵画教室で日本画、クロッキー、デッサン、油絵、水彩、混合技法、テンペラ画、素描、黄金背景テンペラ画を学ぶ|早見芸術学園

JR鎌倉駅東口 徒歩1分 神奈川県鎌倉市小町1-2-16

TEL 0800-222-0883

作品一覧

受講生作品

発表者:畑野尚子
第45号「模写」バーン・ジョンズ『中庭,いばら姫のための習作』

348×236 紙,グアッシュ

昨年、早見の絵画教室の内容をネットで検索していたとき、はじめに現れたのがバーン・ジョーンズの模写の講習会の案内で、こんなに密度の高い絵が水彩で(しかも1ヶ月で)描けるのかと驚き、習いたいと思った。
模写は初めてだったので、比較的シンプルな本図を選んだが、行きつ戻りつ、完成といえるまでに7ヶ月もかかった。しかしその価値はあったと思う。
基本のバーントシェンナのインプリマツーラを全体に塗って、はじめに暗部から黒で形をおこしていき、次に明部から白で立体感をつけていく。そして彩色していくのだが、すぐに固有色に飛びつけないところがなかなか難しかった。また初めて教わったスカンブリングという技法は水の含ませ具合が難しく毎回苦労した。
ベネチア派の技法を、先生の指導を受けながら一歩一歩たどっていくなかで、いろいろなことを教えていただいたが、一番感心したのが「失敗したと思った所にインプリマツーラ色を塗れば、いつでも元に戻せる」という点だった。水彩画でも描き直せる・・・嬉しい発見だった。また純色と混色の重ね具合によって、透明感や深みを表現できるということも興味深く学んだ。至難の技ではあるが、これからの目標にしたい。
この模写でバーン・ジョーンズの詩的でエレガントな世界にひたりながら、同時にグアッシュのおもしろさと可能性を知ることができた。(指導:十二芳明)

スマートフォンサイトへ